FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
※PC版で見ることをオススメします。
ラバー・ガスマスク (1)


前回の記事に引き続き、変態先生ことC先生によるゴム講習のレポートです。
たった数時間のことだったのでそろそろネタも尽き、このレポートはこれで最後です。
ただし今後も研究会は定期的にやっていきます^^
という事で最後は呼気交換プレイのために先生自ら改造したロシア製のガスマスクの紹介です。

マスク同士を接続するチューブが繋がる口が、一方は吐く専用に(吸うのは外から)、一方は吸う専用に(吐き出しは外へ)と、呼気が一方通行に流れるように改造してあります、これを両者が装着して、一方の吐く息を、もう一方が強制的に吸わされる、という吐息吸気プレイができます。
それだけ聞くと呼吸のタイミングが合わなかったら大変じゃない?呼吸は普通できるの?酸素の濃度大丈夫?
と心配に思われる方も多いと思います、実際私も心配でした。
しかし、タイミングが合わなくても大丈夫です??
例えば両者が同時に吸ったとして、吐く専用のマスクは外気を取り入れる事が可能なので、吸う方のマスク装着者も、マスクとマスクをつないでいるホースを通して吐く専用のマスクから外気(と吐息が混ざった空気)を吸う事が可能なのです。同時に吐いた場合も、余分な呼気は吸う専用のマスクから外に出ます。
つまり、強制吐息吸気プレイをしながら、タイミングが合わなければ普通に呼吸もできます(少々しずらい程度です)。
また、吐く息にも酸素はそれなりに含まれてますし、そもそも外の空気も吸えるので意外なほど普通に呼吸は問題ありません。

(※このように危険度は下げる事は可能ですが、安易に真似をしないようにして下さい)。

そんな感じで、今回の研究会のレポートはこれで終了です。
この中から私がオーダーしたのはバキュームベッドの縦からインするタイプのもの、バキュームマスク、インフレータブルマスク、ガスマスク改造版の4点です(買い過ぎっ‼︎w)。
まだ届くのに時間がかかるのと、お客様とのプレイで使うにはまだ練習が足りないのでもう少し待っててくださいね。
では最後に、改造版ガスマスクでスーハースーハーしている様子を動画に撮りましたのでご覧ください。
ただし、大人の事情で画質を変えてあります。

では股。

[広告] VPS




☆ご予約は、こちらのフォームから『予約フォームのリンク』

☆お得情報をお届けするメールマガジン、ご登録下さい。『登録サイトへのリンク』

☆お問い合わせ、ボランティアさんの応募などは、chiakinomono@gmail.com
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]

※PCで見るこをオススメします。

先日、C先生(専門はいえませんが、科学のprofessorであり、フェチスト)とラバー・バキューム・インフレータブル、そしてマミフィケーションに使えそうな新しい素材についての勉強会をしました。
そんな先生と私のツーショット写真です↓

untitled_201508282359458fb.jpg

バキュームベッドはすでに持っているのですが、サイドチャックのサイドインタイプなので、どうしてもチャックの部分から空気が漏れてしまい、空気を吸い続けていなければ密着の状態が保てません。
我々デリバリー式のクラブの場合、隣室に音で迷惑をかけれない都合上、やはり一度空気を吸ったら漏れないタイプが欲しいな〜と思っていました。
そこでフェチスト仲間の友人にバキューム(ラバー全般にお詳しい)C先生を紹介していただきました。
C先生はラバー全般、バキュームベッドはもちろん、キャットスーツ、ラバーマスク(インフレータブルのものから、リブレスバッグ付きのものまで)、ガスマスク(改造して呼気交換ができるものまで)、自分でカスタムしてより変態活動に適したものにしたり(その情熱には頭が下がります)、とにかくたくさんのコレクションを持っています。
今回は数あるコレクションの中から数点ご持参いただき、実際に使用感などを確かめさせてもらいました。
そして私も数点オーダーすることになりました〜(楽しみにしておいてね^^)。

それでは少しですが研究会のレポートを。

1、『バキュームボンテージサック』

素材はPVCで呼吸のための穴(マウスピースのようなものが付いています)が一つと、吸引口が一つ。
バキューベッドと違い、枠はありません。
サイドチャックで、やはり空気が漏れてしまうので常に吸引している必要があります。
素材がラバーと違い、皺になってしまうので完全にピッタリとした感触が好きな方には向かないです。

↓上の写真が吸引前で、下が吸引後です。
223.jpg

DSC01055.jpg
[広告] VPS


2、『バキュームマスク』

全頭マスクで、首のところまでスッポリ被るタイプです。
顔面の部分だけ飴色で色が透けていて、見えにくいですが小さい穴が空いています。
自分の吐いた息でラバーが膨らみ、吸うとラバーが顔に密着します。
ブレスコントロール、呼吸制御のプレイが好きな人向きのマスクです。
苦しいには苦しいのですが、穴が空いているので大きく吐いて、大きく吸うことによってちゃんと酸素を吸う事は可能です。
※首の部分を簡単にペロっと外す事が可能で、すぐに普通呼吸ができます。
もしパニックを起こしてもすぐに救出できますが、浅い呼吸の繰り返しでの酸素濃度の低下や、呼吸の仕方によっては逆に過呼吸状態にもなるので要注意です。いずれにしても危険な行為です、安易にマネをしないようにしてください。
プレイで使うかどうかは検討中です。


untitled_20150829031050d74.jpg

untitled_20150829031430f40.jpg

[広告] VPS


3、『インフレータブルマスク』
このマスクは二重構造になっていて、マスクの外側と内側の間に空気が入る仕組みになっていて、顔とマスクの間に空気が入っているわけではありません。
故に、顔がマスクの膨張と共に圧迫される仕組みです。
着脱は後頭部に縦にチャックが付いていて、何かあってもすぐに脱ぐ事が可能です。
呼吸はマスクを貫通するかたちでマウスピースから普通に可能なので、今回紹介している他のマクスよりは安全性は確保されています(※私個人の見解です)

DSC01080.jpg

DSC01061.jpg

DSC01058.jpg

[広告] VPS


4、『リブレスバック』
※こちらはあくまで参考という事で紹介しますが、危険性など考慮し(私個人の見解です)、現在プレイで使う予定は今のところありません。
リブレスバッグはその名の通り、自分の吐いた息がラバーの袋に溜まり、それを吸い返す事ができるシステムです。
いろんなタイプのものがあるようですが、このバックは先端に栓が付いていて着脱可能です。
先端の栓を外し、大きく呼吸する事で若干袋の外の酸素吸う事も可能です。
※栓を外していても浅い呼吸を繰り返すと外の酸素が入ってこないので危険です。
※完全に栓をした状態は非常に危険ですので、オススメできません。

[広告] VPS


5、『バキュームベッド』
もはやスタンダードとなっているバキュームベッドです。
こちらはサイドチャックのサイドインタイプです。
今回はぺニスシース付ラバーバミューダパンツ着用で入ってもらったので、ラバーチンコを責める事も可能です。
私がオーダーしたタイプも、ペニスシース付きのものを使えるタイプです(コンドームでも代用できます)。
スクリーンショット 2015-08-30 7.43.45

[広告] VPS


つづく。


☆ご予約は、こちらのフォームから『予約フォームのリンク』

☆お得情報をお届けするメールマガジン、ご登録下さい。『登録サイトへのリンク』

☆お問い合わせ、ボランティアさんの応募などは、chiakinomono@gmail.com

PAGETOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。